ヨーゼフ・ピッコロ その2   

グラナディラの楽器もなかなか良い響きである。

ピンクアイヴォリーとはまた違った存在感を持つ楽器となっている。

良い物が沢山有ると嬉しいのだが・・・・結構つらいものである(これは嬉しくてと言う意味である)

深みのあるグラナディラ、輝きを増したピンクアイヴォリーと言った所でしょうか。

組み合わせる事によっていろいろな音が楽しめるのも嬉しい悲鳴である。

頭部管も肉厚が変わる事によって、いろいろに変化する。一つのメーカーでいろいろ選択出来るのは

嬉しい事である。ピッコロでは、あまり見かけない光景であると云うより、今迄はなかなかこのよう

な事も考えられなかったのが現実だったのかも・・・

フルートは、いろいろな頭部管だけのメーカーがあり、好みによって個人個人が付け替えているのも事実である。

ピッコロは、ジョイントの問題がそれを容易にし無かったのかもしれない。

オーボエやクラリネット、ファゴットなどにしてみればリード取り替えるに過ぎない事なのだが・・

私たちのフルート族にとっては、値段がもの凄い事になるので一般的ではないのでしょう。

しかし、ヨーゼフは値段が手頃(とはいってもリードの価格の様には行かないが)なのでその気にな

れば・・・・・\(^_^)/
[PR]

# by tsuruoka_flute | 2011-05-10 23:50 | フルート

ヨーゼフ・ピッコロ   

ついに登場した、日本産沖縄発の熱いピッコロです。

4月26日の我が神奈川フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会(みなとみらいホール)において
ヨーゼフでマーラー7番を演奏しました。
重量感であるにもかかわらず、切れも良いサウンドを楽しめました。この演奏会では19.0mmの頭部管で演奏してみました。(サイズについては、後に書きました。)

木管楽器のオーボエ制作会社である、ヨーゼフが作ったものであります。
従来の、いわゆるフルート制作会社の形にとらわれずに制作が行なわれた様です。

新しいのにも関わらず安心感を感じるのは、演奏する側に取ってはとても心強い相棒です。

グラナディラ、そしてピンクアイヴォリーの二種類の材質で制作が現在行なわれている。

頭部管は、三つのサイズがあります 外径18mm, 18.5mm,19.0mm
歌口のカットも三種類有ります。

音程もとても取りやすく、演奏に集中出来るのはとても助かりますね。
ピッコロの魅力を存分に伝える事の出来る楽器ではないかと思っています。

皆様も一度は吹いてみてはいかがでしょうか?

ピッコロって・・・なんか吹きにくい・・・・

もしかするとこの言葉が・・・・・・♡♡に変わるかも
b0117870_1243360.jpg

[PR]

# by tsuruoka_flute | 2011-04-25 01:36 | 日記

延期:アンサンブル ル・ポール 10thコンサート   

アンサンブル ル・ポール 10thコンサートは、
東日本大震災の状況を踏まえて延期する事といたしました。

震災に遭われてお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り致します。
また、被災地の一日も早い復興を願っております。

延期されました日時は、7月2日(土曜日)です。

場所、開演時間とも変わらず 

旧東京音楽学校奏楽堂 午後3時開演(午後2時30分開場)

となります。

チケットは、3月26日の日付のチケットで入場する事が出来ます。
また、お買い求めになった楽器店等での払い戻しもしております。
チケットをお持参頂きまして、払い戻しを受けてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

皆様の御来場を心よりお待ちしております。
b0117870_1642097.jpg
[PR]

# by tsuruoka_flute | 2011-03-23 16:47 | 演奏会

操 美穂子ハープリサイタル   

明日19日は、ハープの操さんのリサイタルです。

神奈川県民ホール 小ホールにて、午後2時より開演します。

私もこのリサイタルに賛助出演させてもらいます。

バッハから日本人の委嘱曲と幅広いジャンルの曲が並びます。

若く才能のあるハーピスとである操さんとご一緒出来ることは、とても嬉しいです。

お時間ある方は、是非明日、神奈川県民ホールに足をお運びください。
[PR]

# by tsuruoka_flute | 2010-09-18 23:20 | 演奏会

フルートフェスティヴァル in 東京   

昨日、盛況のうちに終了致しました。

ゲストのコッホさんは19歳と云う若さで、はつらつとした素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
[PR]

# by tsuruoka_flute | 2010-01-12 13:34 | 演奏会